×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ムーラン

ムーラン、はフランス語で「風車」という意味。手動のすりつぶし& 裏ごし器で、製菓道具として売られています

ムーラン(フードミル)

これは、初めて聞く人も多いかも知れません。
手回しの裏ごし器です。
ポタージュスープを作るときにはほとんどの人はフードプロセッサーやミキサーを使うと思うのですが、やはり、野菜の細胞が壊れるし、遠心力でバーッと散らす強い力を素材に加えることになります。「究極のかぼちゃスープ」はとてもシンプルなので、もう少し繊細な作り方をしたいなあと思っていたところ、マクロビオティックの料理教室で、ムーランを使う機会がありました。
いわゆる、網状の裏ごし器と木べらで裏ごしするよりは断然ラクです。分解できて掃除も簡単。洗う手間を考えるとミキサーよりも手軽かもしれません。
もう一つの特徴は、ミキサーと違って、水分が少ないものも裏ごしできること。


大きさはいろいろあります。
製菓用品のマトファー社製は22cm直径で10,000円くらいしますが、私が持っているのはノーブランドで4500円でした。
しかし、このムーランも金属製なんですよねえ。
野菜料理って、金属とあまり相性がよくないように最近感じます。
セラミック刃のムーランができないかなあ。
シンプルの追求は続く・・・

当サイトについてと免責事項

※「1年に100回作るかぼちゃスープ」は個人で運営しているサイトです。
※当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。特に食品アレルギーをお持ちの方のレシピの利用は自己責任にてお願いいたします。

サイトMENU

Copyright (C) 2007 100会レシピ!究極のかぼちゃスープ. All Rights Reserved.